女性のための栄養士!産婦人科の栄養士の仕事とは?

皆さんは産婦人科にも栄養士がいることはご存知でしょうか?
産婦人科にも栄養士が勤務していることがあり、母子の体を栄養面から支えています。
今回は産婦人科で働く栄養士はどのように勤務しているのか、仕事内容などもみて行きましょう。

産婦人科の栄養士


産婦人科で働く栄養士は、妊娠前の女性、妊婦や胎児、出産後のや母子に対して栄養面から食事を支える大切な仕事です。産婦人科院の栄養士の特徴は、献立については比較的自由がきき、捕食としておやつなどを提供することもあります。
母子の健康を支えていることや、献立の自由さが他の栄養士と異なるやりがいがあります。
総合病院で勤務している栄養士が、産婦人科の患者の担当になることはありますが、産婦人科専門で正社員勤務をしている栄養士というのはあまりいません。

産婦人科にある栄養士の仕事内容は?

母親教室の栄養指導

病院や市区町村が主催び母親教室で、妊娠時期に必要な栄養素や食事内容の講習を行います。
例えば、貧血予防、体重管理の必要性、つわり時の対応、控えておきたい食材、赤ちゃんが神経管閉鎖障害にならないための葉酸の必要性、妊娠時高血圧症候群の予防などの講習を行います。

個別栄養指導

医師の指示に従い栄養指導を行います。妊娠時の食生活による体重増加、高血圧、貧血、血糖値の増加などがあり個人によって必要な食事内容を伝えることがあります。

産婦人科医院や病院での給食管理業務

出産のため入院している妊婦や、切迫早産で入院中の妊婦、妊娠時高血圧症候群で入院している妊婦などに対して食事を提供する必要があります。
一般の病院よりは自由はありますが、減塩食や適切なエネルギー量の食事提供などを行います。

管理栄養士の資格は必要ない?

産婦人科の栄養士は妊婦さんが対象です。妊婦は健常者ですので、傷病者を対象とすることができる管理栄養士の資格が必須ではありません。しかし、管理栄養士資格は必須ではなくても栄養士資格と比べると応募の枠や応募の面で違いが出て来ます。

産婦人科の栄養士のメリットとデメリット

メリット

・妊婦は健常者のため管理栄養士でなくても栄養士でも可能であること
・アレルギーを除くと比較的献立が自由である
・母子の健康を支える大切な仕事ができる
・常勤が少ないため非常勤など残業がなく働ける
・赤ちゃんが生まれるまで継続して必ず栄養指導ができる
・産婦人科のある病院で勤務することで幅広く携わることができる

デメリット

・比較的応募が少ないので募集をチェックする必要がある
※産婦人科のある病院もあるため産婦人科専門で常勤は難しい
・献立は自由ではあるが、お祝い膳、夜食、おやつなど献立を考えるのが大変
・産婦人科は病院であるため、勤務時間がシフト制
・妊婦は精神的にも不安定なので、カウンセリングの仕方の工夫が必要

豪華な食事で人気の産婦人科もある!


産婦人科といえども病院ですので、昔はあまり美味しいものではなかったようです。
しかし最近では食事で妊婦さんが産婦人科選びをするくらい産婦人科選びのポイントとなっており、食事もかなり豪華なところもある、そういった病院は人気が高いです。
番外編ですがこういった産婦人科の病院食を見ていきましょう。

番外編

●兵庫県西宮市にある産婦人科クリニック
季節の行事や特別な日にとても豪華で華やかなお食事が出るようです。
普段の食事もとても豪華になっていますので、妊婦さんはリラックスして食事を楽しめるでしょう。

●大阪府豊中市にある産婦人科
病院もホテルのようですが食事もとても豪華です。
フランス料理のフルコースやお祝い膳など、出産して体力回復のための食事がとても豪華で嬉しい気持ちになります。

女性のための栄養士

産婦人科の栄養士はいかがでしたでしょうか?昔はあまり意識されていませんでしたが、妊婦の方が産婦人科を選べる時代になりました。
それに伴い、その時代に即した栄養士の働き方が増えました。産婦人科の栄養士にもやはりメリットデメリットがあります。
他の栄養士業界と比べ比較的献立の自由が利くところはメリットにもなりますし、その分献立作成が大変になるのでデメリットにもなり得ます。
また、正社員での仕事を探している方には、募集枠が少ないことから中々就職を決めにくい点もあります。
益々広がる栄養士の活躍の場。母子を栄養面から支える素敵な仕事であなたも働いてみませんか。

The following two tabs change content below.

栄養士くらぶ編集部

栄養士くらぶ編集部です。栄養士、管理栄養士、調理師さんの転職サポートや人材派遣を行うアスカグループが運営しています。栄養士、管理栄養士、調理師さんの皆さん向けに転職・キャリアのノウハウはもちろん、働き方やライフスタイルのちょっとしたアイデアなどもご提供していきます。

18 件のコメント

  • Wow, amazing weblog structure! How long have you
    ever been blogging for? you make blogging glance easy.
    The total look of your site is magnificent,
    as smartly as the content!

  • It’s a pity you don’t have a donate button! I’d certainly donate
    to this brilliant blog! I suppose for now i’ll settle
    for book-marking and adding your RSS feed to my Google account.
    I look forward to new updates and will talk about this website with my Facebook
    group. Chat soon!

  • Pretty portion of content. I simply stumbled upon your site and in accession capital
    to assert that I acquire actually loved account your weblog posts.
    Any way I will be subscribing in your feeds
    or even I fulfillment you get right of entry to
    consistently rapidly.

  • What you wrote made a ton of sense. But, think about this, what if you
    wrote a catchier post title? I mean, I don’t want to tell you how to run your
    blog, however suppose you added a post title to possibly grab a person’s attention? I mean 女性のための栄養士!産婦人科の栄養士の仕事とは? | 栄養士くらぶ is kinda plain.
    You could look at Yahoo’s front page and see how they create post headlines
    to get people to open the links. You might add
    a related video or a pic or two to get people excited about everything’ve written. In my opinion, it would make your posts a little livelier.

  • First off I want to say awesome blog! I had a quick question in which I’d like to ask
    if you don’t mind. I was interested to know how you center yourself and
    clear your head prior to writing. I have had a tough time clearing my thoughts in getting my thoughts out there.
    I do enjoy writing however it just seems like the first 10 to 15 minutes are
    wasted simply just trying to figure out how to begin. Any ideas or
    tips? Thanks!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    栄養士くらぶ編集部です。栄養士、管理栄養士、調理師さんの転職サポートや人材派遣を行うアスカグループが運営しています。栄養士、管理栄養士、調理師さんの皆さん向けに転職・キャリアのノウハウはもちろん、働き方やライフスタイルのちょっとしたアイデアなどもご提供していきます。