栄養士の公務員を目指すなら絶対知っておきたい5つのこと!

公務員の栄養士ってどうしたらなれるの?

公務員の栄養士はどのような働ける場所があるのでしょうか?公務員の栄養士は主に県立や市立の公立病院や保育園、幼稚園、保健所、保健センターが一般的です。公立の給食センターの栄養士も公務員になります。自衛隊や刑務所の栄養士というあまり知られていないものもあります。

まずは各施設の栄養士のお仕事を見てみましょう。

 

病院の栄養士のお仕事

病院の栄養士の主な業務は入院している患者の献立作成と調理業務です。

病院で作られる料理は健常者用だけではなく傷病者用の二つに分かれます。

一般職と治療食と呼ばれ、治療食は怪我や病気により必要な栄養素が変わります。その為治療食の献立作成は多岐にわたり、症例に合った栄養素を考え治療食を作るスキルが求められます。

 

保健所の栄養士のお仕事

保健所や保健センターで働く栄養士は行政栄養士と呼ばれます。

地方公共団体や地域住民に対する栄養指導を行う管理栄養士のことを指します。

保健所の栄養士は地域住民への講習会や集団健診の際の栄養指導、集団給食施設の衛生環境チェックや献立指導を行います。更に栄養士免許の申請手続きや飲食店営業許可の事務処理をすることもあり、業務内容は多岐にわたります。

 

保健センターの栄養士のお仕事

保健センターの栄養士は保健所と比べ、より身近な栄養相談役となり保健サービスを行います。

妊婦の産前産後の栄養指導や離乳食のアドバイスをしたり、要介護者の自宅へ訪問し食生活のチェックや指導を行います。

保健師や看護師と協力して業務にあたることが多く、コミュニケーション能力が求められます。

保健所や保健センターは配属される課によって業務内容が違う為、異動で配属先が変わると、今まで行っていた業務内容や必要な知識が大幅に変わる可能性があります。

 

保育園・幼稚園の栄養士お仕事

保育園・幼稚園の栄養士の主な業務は、0~6歳児を対象とした献立作成と調理が主な業務です。

基本は昼食のみですが、保育園だとおやつ作りや場合によって夕食の調理(補食)も行います。

病院や学校給食と違い大量調理をすることはなく、献立作成の自由度はその他の施設と比べると高いです。

また、保護者に向けて給食びよりを発行したり、栄養指導を行うことがあります。

最近ではアレルギーのある子どもが多く、アレルギーの知識や代替食を作るスキルが求められます。

 

学校給食センターの栄養士のお仕事

学校給食センターの栄養士の業務は発注・納品、献立作成、衛生チェックや各学校の食育指導、と一般的です。学校給食は何百食も作る大量調理なので、栄養士も調理に加わり、味付けや調理指導に入ることがあります。

学校給食センターはほかの施設と比べ、衛生管理基準が非常に厳しく、大量にある食材を必ず三回水洗いをするなど、細かい点を挙げるとキリがないほどです。

大量調理の為、調理員はほかの施設よりも多く、集団をまとめるリーダーシップや、報告・相談・連絡を始めとしたコミュニケーション能力が強く求められます。

自衛隊の栄養士のお仕事

自衛隊の栄養士は各駐屯地の糧食班として配属されます。各駐屯地の規模により2~4名栄養士が配置され、給養員という調理師とともに調理業務を行います。

一般の栄養士と仕事内容はさほど変わりませんが、自衛隊の環境は体力勝負なところがほとんどの為、いかに効率的に炭水化物やカロリーが得られる献立を作れるかが重要なポイントになります。

また、災害が起き自衛隊が被災地に派遣される場合、栄養士も同行し現地の被災者に給仕をすることになります。

「大量調理をする」「重い機材を運ぶ」「被災地や有事の際戦地に赴く」などの重労働が多いので男性の栄養士の方が多いです。

刑務所の栄養士のお仕事

刑務所では調理をすることはなく、システムを使った献立作成や帳票管理、検食、発注・納品といった事務作業が主な業務です。刑務所の栄養士は基本的に配置は1名、多くて2名程度とされています。

刑務官や担当の受刑者が配膳を行うことがほとんどの為、受刑者と接触することはほぼありません。

刑務所での仕事ということもあり、男性の栄養士が働いていることが多いですが、女性も働ける職場です。

国家公務員試験を受ける際の注意点

管理栄養士資格を取得後、公務員試験を受けますが、その際には注意したい点があります。

地方公務員は年齢や管理栄養士資格の有無で判断されることがほとんどですが、国家公務員は更に実務経験が求められます。

自分の受ける地域や種別により募集要項や試験日程が変わる為、事前にしっかりチェックしましょう。

 

国家公務員と地方公務員の栄養士の違いってなに?

国家公務員と地方公務員の違いをご存知の方はあまりいないのではないでしょうか?

まずは国家公務員と地方公務員の違いを説明します。

 

国家公務員と地方公務員とは?

国家公務員

国家公務員は国が管轄している為、転勤と異動がある。

国家公務員の試験は採用試験ではなく登録試験になる。
栄養士の場合は栄養士名簿に登録され、欠員や補充が出た際に配属、就職となる。

国家公務員は合格後にすぐには働けない可能性がある。

 

地方公務員

地方公務員は自治体が管轄している為、転勤ないが異動はある。

地方公務員は自治体管理なので地域により給与の差が出る。

勤務時間がしっかり決まっているケースが多く、比較的残業は少ない(配属先による)

地方公務員は定期・不定期で採用試験を行っている。
国家公務員とは違い登録試験ではないのですぐに就職出来る。

 

国家公務員と地方公務員の栄養士の違い

国家公務員の栄養士

国が運営している機関で働くことが出来るのが国家公務員です。

国家公務員の栄養士は医療職と同じで高待遇になることが多いです。

 

地方公務員の栄養士

自治体などが運営している機関で働く栄養士が地方公務員です。

収入面は国家公務員と比べると劣ります。

 

業務内容は配属先によって変わるので、国家公務員、地方公務員だからと言って大幅に変わることはありません。

年間休日は国家公務員、地方公務員ともに120日程度で、土日祝日休みの場合がほとんどです。

公務員試験の内容と対策方法

公務員の栄養士は人気なので、しっかりとした公務員試験対策を取らないと受かることは出来ません。公務員試験の対策方法を見てみましょう。

 

過去問を解く

対策として一番堅実なのが公務員試験の過去問を解くことです。

自治体のHPには直近三年の過去問が公表されているので、そちらを利用するのが良いでしょう。

記述式、論述式や選択式など、出題範囲が広く設定されているので今までの過去問を沢山解くことが近道です。

 

千葉県の過去問・例題

参考: https://www.pref.chiba.lg.jp/jinji/ninyou/kakomondai.html

 

改正された事柄や法律をチェック

公務員試験は改正点や法律が変わったことに伴った問題が度々出ます。

新しい情報や、直近で改正された情報は必ずチェックするようにしましょう。

 

気になる公務員の栄養士の倍率は…?

公務員の栄養士や保健師は特に人気で、倍率は自治体によって変わりますが6~50倍ほどです。

具体的にどれくらいの倍率か、埼玉県の試験選考状況のデータを見てみましょう。

 

公務員の栄養士の倍率

採用

予定者数(人)

(告示)

申込者数(人) 1次試験

受験者数(人)

1次試験

合格者数(人)

最終

合格者数(人)

最終

合格倍率(倍)

27年度
管理栄養士
1 27 18 9 2

(2)

9
27年度
栄養士
3 85 64 17 5

(5)

12.8
28年度
栄養士
1 46 33 7 2

(2)

16.5
29年度
管理栄養士
1 44 33 9 2

(2)

16.5

埼玉県公式HP

引用元:https://www.pref.saitama.lg.jp/f1903/saiyou/29jissijyoukyou.html

 

一般的な公務員の倍率は平均で5~6倍くらいですが、上の表を見ても分かるように栄養士は非常に人気です。公務員の栄養士枠は中々空くことがなく、1枠に対し100~300名が殺到するケースがあったそうです。

 

公務員と民間の給料の差はどれくらい?

公務員は安泰」「給与が良いと言われることが多いですが、実際どれくらいの差があるのか見てみましょう。

 

公務員と民間企業の栄養士の年収

栄養士 年収 月収 ボーナス 年齢
民間企業 345万5000円 24万100円 57万3800円 35歳
公務員 568万9488円 35万2319円 146万1660円 45歳

 

民間企業の栄養士は年収345万円に対し、公務員の栄養士はおおよそ年収568万円にもなり民間企業の栄養士の年収を大きく上回ります。

更に公務員の栄養士は昇給で年々給与は上がっていき、民間企業との年収はさらに拡がります。

 

平均ではありますが、公務員と民間企業の栄養士の年齢に違いがあるのはご了承ください。

 

まとめ

栄養士の国家公務員になるには実務経験が求められるところが多く、公務員を目指す人は民間企業での経験が必要になってきます。

自分に合っていて、なおかつ実務経験・年数を積めるところを見つけるのはなかなか難しいですよね。

そんな時は栄養士専門の人材紹介会社を利用してみるのも一つの手です。

あなたの希望に合った栄養士のお仕事を紹介するエキスパートです!ぜひ利用してみて下さい。

The following two tabs change content below.

栄養士くらぶ編集部

栄養士くらぶ編集部です。栄養士、管理栄養士、調理師さんの転職サポートや人材派遣を行うアスカグループが運営しています。栄養士、管理栄養士、調理師さんの皆さん向けに転職・キャリアのノウハウはもちろん、働き方やライフスタイルのちょっとしたアイデアなどもご提供していきます。

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    栄養士くらぶ編集部です。栄養士、管理栄養士、調理師さんの転職サポートや人材派遣を行うアスカグループが運営しています。栄養士、管理栄養士、調理師さんの皆さん向けに転職・キャリアのノウハウはもちろん、働き方やライフスタイルのちょっとしたアイデアなどもご提供していきます。