人気沸騰中!スポーツ栄養士とは?

スポーツ栄養士とは?


最近、世間では栄養士がニュースやテレビ番組でクローズアップされることが増えてきました。
その中でもスポーツ選手の食事管理を行う栄養士の特集を見かけることがあります。
栄養士の中にはいくつか固有の名前を持つ職業があり、多くはより専門的な知識をもって最適なアドバイスを送ることが求められています。
その中の一つとして、運動を目的とした人に食事管理やアドバイスを行うのがスポーツ栄養士です。
スポーツ栄養士は健康増進を目的としたスポーツ愛好家から、運動している一般の人、学生やアマチュア、プロまで様々な種類のスポーツにおいて必要とされる食事方法について専門的な知識を用い、より効果的な方法を考案し、提供することが主な仕事です。
「公認スポーツ栄養士」という資格もあります。

スポーツ栄養士とは実際どんな仕事なの?


スポーツ栄養士とはその名の通り、スポーツ選手の栄養管理がメインです。ただ、一般的な栄養士とは違い高い専門的な栄養士指導が求められます。また場合によってはサプリメントを使用することもあり、サプリメント一つ一つチェックすることも大切です。また活躍の場としてリハビリ患者の健康増進、病気のための運動療法、介護でのリハビリに伴う食事療法など、リハビリ現場においても幅広く仕事があります。

公認スポーツ栄養士を所得しない場合でもスポーツ栄養士として携わることは可能です。
スポーツ栄養士として食事の管理はもちろんのこと、場合によってはサプリメントを使用することもあり、サプリメント一つ一つチェックすることも大切です。また活躍の場として、病院でのリハビリ患者の健康増進、病気のための運動療法、介護でのリハビリに伴う食事療法など、リハビリ現場においても幅広く仕事があり、近年その分野でもリハビリ栄養として栄養士が注目を集めています。
競技者、監督、コーチ、トレーナー、競技団体などのスポーツの現場から、競技者の栄養・食事に関する自己管理能力を高めるための栄養教育や食環境の整備等にいたるまで、栄養サポートに対するニーズは高まっています。

スポーツ栄養士になるにためには?

スポーツ栄養になるためには、まず前提として管理栄養士の免許を所得している必要があります。また公認スポーツ栄養士なるためには資格の所得が必要です。

公認スポーツ栄養士とは


競技者、監督、コーチ、トレーナー、競技団体などのスポーツの現場から、競技者の栄養・食事に関する自己管理能力を高めるための栄養教育や食環境の整備などにいたるまで、栄養サポートに対するニーズは高まっています。これらは日本代表といったトップアスリートからジュニア層、健康増進を目的としたスポーツ愛好家まで多様な層で求められています。
チームや団体内においてはチーム医療と同様、監督、コーチ、トレーナー、医・科学の各専門分野のスタッフ(スポーツ医学、運動生理学、バイオメカニクス、スポーツ心理学など)と連携し、栄養面からの専門的なサポートを行うことが必要です。
公認スポーツ栄養士は、これらの現場のニーズに的確に応えることのできるスポーツ栄養の専門家であり、公益社団法人 日本栄養士会および公益財団法人 日本スポーツ協会の共同認定による資格です。

審査に必要な申請資格

  1. 管理栄養士であること
  2. 公認スポーツ栄養士養成講習会を受講しようとする年度の4月1日時点で満22歳以上であること
  3. スポーツ栄養指導の経験があること、またはその予定があること
  4. 日本スポーツ協会と日本栄養士会が認めた者

(公益社団法人 日本栄養士会より引用 https://www.dietitian.or.jp/career/specialist/sports/)
日本スポーツ協会と日本栄養士会が認めた管理栄養士が日本スポーツ栄養学会が開催する講習会に受講し、検定試験に合格した後公認スポーツ栄養士と認定されます。
なぜこのような資格があるかというと、アスリートが求められる食事が一般的な食事と必要な栄養素が違うためです。また、より専門的な知識として多くの実習を積み重ねたり、専門とするスポーツの種目についても深く知っている必要があります。
チームであっても必ず個々に管理していき、個人の信頼関係を築き上げる必要もあります。
働く場所を探すためには、まずはスポーツ選手が所属しているチームなどに募集などがないか、委託契約している場合あるので、スポーツ栄養を行なっている企業の募集がないか、自分の母校や学校にスポーツ栄養としてサポートしている教授がいないか探してみるといいかもしれません。

スポーツ栄養士として働くメリットはあるの?


スポーツ栄養士は認定や資格所得までに多くの過程があり受講をためらう人が多いかもしれません。
しかしこの資格を所得して働くことにより、スポーツ栄養学をはじめ、栄養マネジメント、栄養教育、さらにスポーツ医学や運動生理学などスポーツ栄養の知識を身につけることができます。
その場合資格所得者は優遇され、それが給与に反映したり、一般的な栄養士よりやりがいやメリットは大きいです。また栄養士として自分がなりたかったスポーツ栄養士になるための努力も必ず役に立ちます。

The following two tabs change content below.

栄養士くらぶ編集部

栄養士くらぶ編集部です。栄養士、管理栄養士、調理師さんの転職サポートや人材派遣を行うアスカグループが運営しています。栄養士、管理栄養士、調理師さんの皆さん向けに転職・キャリアのノウハウはもちろん、働き方やライフスタイルのちょっとしたアイデアなどもご提供していきます。

2 件のコメント

  • Hello there! This blog post couldn’t be written much better!
    Reading through this post reminds me of my previous roommate!
    He always kept talking about this. I will send this article to him.

    Pretty sure he’ll have a good read. Thanks for sharing!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    栄養士くらぶ編集部です。栄養士、管理栄養士、調理師さんの転職サポートや人材派遣を行うアスカグループが運営しています。栄養士、管理栄養士、調理師さんの皆さん向けに転職・キャリアのノウハウはもちろん、働き方やライフスタイルのちょっとしたアイデアなどもご提供していきます。