栄養士と管理栄養士の資格取得の難易度を徹底説明☆

最近は栄養士を目指す方が増えてきました。それは栄養士資格の保有者がメディアに出て活躍し、職業の知名度が以前より上がったからです。食は人生で切り離せないもの。資格をとって「食や栄養に携わる仕事がしたい」という自身の目標をみつけられたことはとても素晴らしいことです。栄養士を目指すには一体何から始めたらいいのかわからない方も多いと思います。今回はそんな栄養士を目指すあなたへ資格取得の方法と難易度をわかりやすく説明します!

そもそも栄養士とは?

そもそも栄養士とは、栄養学に基づいて栄養バランスの取れている献立の作成や、調理方法、栄養素の計算などの「食と健康の管理」をします。健康面に優れた栄養指導を行う食生活のプロフェッショナルアドバイザーです。栄養士には二種類あり、栄養士と管理栄養士があります。栄養士は都道府県知事に申請して免許を受けた国家資格です。そこからさらに国家試験に合格した人は厚生労働省が発行する国家資格の管理栄養士資格が得られます。

栄養士の仕事内容

栄養士と管理栄養士は、個人または集団に対して「食事や栄養の指導」をしたり、献立作成や食材の発注、栄養素の計算など「食事の管理」をする仕事です。栄養士と管理栄養士は、名前は似ていますが業務内容が少し異なります。

栄養士

栄養学に基づいて、栄養バランスの取れた献立作成や調理方法の改善、栄養面から健康な食生活になるようアドバイスをします。

管理栄養士

栄養指導のための企画や傷病者に対する療養のために必要な栄養の指導、大規模給食施設における管理業務や労務管理をします。

大きな違いとしては、栄養士は健常者に対応することができ、管理栄養士は健常者を含む傷病者も対応することが出来るという点です。病院などの施設を希望する場合や、将来的に役職ある管理するポジションを目指す方には管理栄養士の資格の方が有利と言えますね。

栄養士になるためには

栄養士養成施設(養成校)に通う

栄養士養成施設は4年制大学、短大、専門学校があり、各栄養士養成施設は「高等学校卒業」が受験資格となります。高等学校を卒業していない方が栄養士養成施設に入学する為には「高卒認定」の資格取得が必要です。栄養士資格を取得するための科目や単位は栄養士過程の授業を受け、修了することで得られます。栄養士の更に上の資格である管理栄養士を目指す場合は、4年制大学で管理栄養科の課程を修了、卒業することで資格が取得出来ます。3年制、2年制の養成施設でも、卒業後に実務経験を積むと管理栄養士の国家試験の受験資格を得られます。一般的に実務経験を積んでから管理栄養士を目指す方法は格段に難しいと言われており、4年制の管理栄養科を卒業するのと比べて4分の1程度と言われています。

栄養士養成施設とは

栄養士養成施設とは、厚生労働省から栄養士養成施設として認可された栄養士養成施設を指します。栄養士養成施設にも様々な特色があり、実践に近い技術を身につけるために調理現場を重視した施設や、専門的な食品の研究、スポーツ栄養学や臨床栄養学などの知識を重視した施設があります。栄養士以外の資格として栄養教諭などを取得できる施設があり、どの養成施設でも同じ栄養士免許を取得することができます。また、厚生労働省から認可をされた栄養士養成施設は昼間学校のみになります。夜間課程のある養成施設に通っても栄養士資格を取得することは出来ないので注意が必要です。なので社会人になってから栄養士資格の取得を考えている方は、仕事を辞めて学校に通わなければなりません。

栄養士資格取得の難易度と合格率

栄養士の場合

栄養士資格は栄養士養成施設で課程を修了、卒業と同時に取得出来ます。そのため、難易度や合格率と言ったものはありません。養成施設卒業後は栄養士として就職し活躍することができます。

管理栄養士の場合

管理栄養士資格の場合は、栄養士と異なり国家試験が必要になります。管理栄養科を専攻した場合は、国家試験の合格率は90%近くですが、実務経験を積んでから国家試験を受ける場合は20%以下と言われています。なぜこのように合格率が大幅に変わるかというと、管理栄養科は4年制という時間と養成施設の講義に国家試験への対策の時間が含まれているからです。一方で栄養士資格を取得した後に実務経験を積むと、養成施設で習ったことを徐々に忘れてしまうということと、仕事と勉強に追われ満足に対策が出来ないからと言われています。
将来的に管理栄養士も視野に入れているという方は是非参考にしてみて下さい。

栄養士になるためにかかる費用

4年制大学

私立大学

約年間100万円〜130万円程度が相場です。入学金が20万円〜30万円かかるので、初年度は約150万程度を見積もるといいでしょう。
また他に教材費や実習費などもあり、さらに約10万円〜30万円ほど上乗せされます。卒業までにおよそ500万円程度の学費が必要になります。

国公立大学

国公立大学の場合、私立大学の3分の2程度で収まるところが多いようです。4年制大学は養成施設の中で一番期間が長くなるため費用もかかりますが、その分カリキュラムを深く学び、さらに専門的な分野に進むこともできます。4年制大学は管理栄養士過程があるので管理栄養士を目指す方はこちらをオススメします。食品について深く学びたい人は大学院に進んで研究職の道もあります。卒業までにおよそ300万円程度の学費が必要になります。

短期大学・専門学校

短期大学

年間にかかる費用は4年制大学同じような形になります。ただ2年制のため合計でかかる費用は抑えられます。また大学と同じように教材費、実習費がかかりますが、短期大学によっては卒業準備金というものがかかる場合があります。

専門学校

年間の学費は100万円〜150万円程度が一般的ですが、この中に授業料や施設設備費、維持費、実習費などが含まれます。こちらも大学、短大と同様に初年度に入学金がかかります。専門学校が他と異なる点は、学費のほか、教材費(教科書や白衣、包丁セットなど)および同窓会費などがかかる学校が多い様です。全体的に100万円〜150万円+αとして20万円くらいを見込むとよいでしょう。

卒業までにおよそ200~300万円程度の学費が必要になります。短期大学や専門学校は大学よりも短期間で栄養士の資格取得が可能になります。そのため、栄養士として社会でいち早く働くことができます。

栄養士になるための注意点


上記でも簡単に説明をしましたが、栄養士になるためには「栄養士養成施設(昼間学校)」を卒業することが必要です。
最近ではインターネットによる通信講座などがありますが、そういったものでは栄養学を学ぶことはできても栄養士の免許を取ることはできません。厚生労働省から指定認可された栄養士養成施設以外では資格取得はできないことになっています。これは通信講座では座学以外の実習、研修といった実践的な講座が出来ないからと言われています。そのため社会人が働きながら栄養士資格を取得することはできませんので注意が必要です。栄養士になるための費用と時間、自分の目標を考えどの養成施設が自分にとって良いか、カリキュラムをじっくり学びたいか、早く社会で活躍したいかじっくりと考えてみてくださいね。栄養士を目指す皆様の参考の一助になれれば幸いです。

The following two tabs change content below.

栄養士くらぶ編集部

栄養士くらぶ編集部です。栄養士、管理栄養士、調理師さんの転職サポートや人材派遣を行うアスカグループが運営しています。栄養士、管理栄養士、調理師さんの皆さん向けに転職・キャリアのノウハウはもちろん、働き方やライフスタイルのちょっとしたアイデアなどもご提供していきます。

5 件のコメント

  • It is perfect time to make some plans for the longer term and it’s time to
    be happy. I have learn this put up and if I may just I want to
    suggest you some fascinating things or advice. Perhaps you could write next articles
    regarding this article. I desire to learn even more things about it!

  • This design is spectacular! You definitely know how to keep a reader entertained.
    Between your wit and your videos, I was almost moved to start
    my own blog (well, almost…HaHa!) Great job. I really loved what you had to say,
    and more than that, how you presented it. Too cool!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    栄養士くらぶ編集部です。栄養士、管理栄養士、調理師さんの転職サポートや人材派遣を行うアスカグループが運営しています。栄養士、管理栄養士、調理師さんの皆さん向けに転職・キャリアのノウハウはもちろん、働き方やライフスタイルのちょっとしたアイデアなどもご提供していきます。