あなたはどこで働く?栄養士資格を活かせる職場はここ!

栄養士の活躍の場って具体的にどこなのだろう?と考えている人はいませんか。せっかく栄養士の資格を取得したのだから、資格を活かした仕事がしたいですよね?
今回は栄養士資格を活かすことのできる職場をご紹介します。これから就職を考えている方々の参考になること間違いなしです。ぜひ最後まで目を通してみて下さい。

栄養士の就職先を選ぶ際に気を付けたいこと


自分の健康は自分で守るという考え方であるセルフメディケーションが浸透し、毎日の食事の大切さを感じている人が増えています。そんな昨今だからこそ、食のプロフェッショナルである栄養士の活躍の場は多岐にわたってきました。
就職を考える際、まず初めに「自分はどのような栄養士になりたいのか」という将来像を考えておく必要があります。
一言で栄養士業界といっても働き方が様々なため、将来像が明確でないと、働き始めてから理想とのギャップに悩んでしまうことがあります。
就職・転職する前に注意しておきたいことをピックアップしてみましたので、ぜひ一度確認してみて下さい。

①自分が働きたい分野・業界を決める


一言で栄養士といっても働き方を下記にまとめてみました。
・調理がメインとなる職場(委託給食、病院、保育園、老人施設等)
・献立作成などの栄養士業務がメインとなる職場(委託給食、保育園、老人施設、公務員等)
・商品開発など研究がメインとなる職場(食品メーカー等)
自分が目指す栄養士に近づける職場はどこか、見極めることが大切です。

②働く先の規模を調べる

食品メーカーなどの開発系は例外ですが、職場の規模によって栄養士の業務は異なります。
小規模な保育園や老人施設では、調理員が少ない為栄養士業務を行いながら、並行して調理も行う施設があります。
反対に、多数の食事を提供する病院や社員食堂などでは、調理業務は全く行わず、献立作成や調理作業管理などといった栄養士業務に専念できる職場もあります。
職場の規模ばかりを気にしてもいけませんが、下調べをしておいても無駄にはなりません。自分の希望にあった職場か見極めるためにもしっかりと調べておきましょう。

③待遇や勤務時間などの就業条件を調べる

栄養士のみならず就職を望むなら就業条件を調べることは基本ですね。前述したように栄養士の就職先は多岐にわたります。基本の就業条件もしっかりと調べておきましょう。
就職先が異なれば給与はもちろんの事就業時間や休日等も変わってきます。長期的に安定して働くためにも就職先の条件と自分の希望条件の合致はとても重要です。

④直営か委託かを確認する

自分が希望する就職先が、直営なのか委託なのかを確認することも大切です。

・直営施設
直営施設の場合、その施設の採用ということになります。
直営施設では、一つの施設で長く安定して働くことが可能です。施設の中には病院や老人施設などがあります。食事を提供する対象者が違うため食事内容も異なります。その道のプロフェッショナルを目指したい方にお勧めです。

・委託施設
委託施設の場合、働いている施設の職員というのではなく、施設の委託を受けた企業の職員ということになります。
そのため、施設の雇用条件ではなく委託を請け負った企業の雇用条件を確認する必要があります。
委託会社では、働く施設が一つにとどまらず、病院や老人施設、社員食堂、アスリート養成施設等様々な環境で仕事をすることができます。
先に述べたように、提供する人が違えば、食事内容も異なります。様々な分野で栄養士の業務をこなしたい方にお勧めです。

分野別の働き先

最後に各分野・業界の栄養士のお仕事をご紹介します。ここまでの内容を踏まえて自分に合った就職先を探してみましょう。

給食施設

調理業務がある場合が多いようです。料理が好きな方、調理業務に興味がある方におすすめです。
給食施設は大量調理を行う場合が多いので、一度大量調理の経験を積んで今後のキャリアアップを図るのもいいかもしれませんね。

病院、介護施設

管理栄養士の場合は献立作成や栄養指導等の栄養士業務を行います。
栄養士の場合は病院や介護という傷病者を対象にする施設の為、調理に入ることが多いです。
病気の治療に貢献したい方、高齢者の生活サポートに興味がある方にお勧めです。

美容業界

栄養士としての業務をすることがありますが、サプリメントの販売やエステティシャンとして携わることの方が多くあるようです。
栄養学の知識を活かして、美容分野に携わりたい方にお勧めです。

保育園・幼稚園

保育園・幼稚園では管理栄養士資格は業務内容の関係上、そこまで必要とされていません。
ここ数年でさらに食育が進み、栄養士の活躍が期待されている分野です。
アレルギー除去食や代替食を取り扱う事が多く、各保育園や幼稚園で取り組みはかなり変わります。乳幼児の食育に携わりたい方、子供が好きな方にお勧めです。

学校給食

家庭の貧困や共働き世帯の増加が原因で、子供たちの個食・孤食が問題となっています。
学校給食は子供たちの健康を担う大切な食事です。子供たちの成長をサポートしたい方、調理が好きな方にお勧めです。
学校給食の場合は栄養士も調理に入ることがあります。大量調理を経験する場としてはとても良いです。大量調理の経験があるかないかというのは今後のキャリアアップにもつながる部分があります。

飲食店

女性の社会進出が進み、外食・中食は需要が年々増加しています。
栄養バランスの整った食事を外食や中食で提供するために、栄養士の活躍が期待されています。
料理が好きな方、外食産業に興味がある方にお勧めです。

スポーツ栄養アドバイザー

2020年に東京オリンピックが開催されます。そのためスポーツの分野でも栄養士は注目されています。食事面でのサポートは選手の健康管理のみならず、成績アップにも貢献することができます
スポーツが好きな方、アスリートを支援したい、人と接することが好きな方にお勧めです。

食品メーカー(健康食品メーカー含む)

機能性表示食品が市場に登場して数年が経ちます。食品の「機能性」に注目が集まり、様々な商品が日々開発されています。
信頼性の高いエビデンスを持った商品の開発は、日々の食生活を豊かにし、日本人の健康を支えることに繋がります。
開発・研究に興味のある方にお勧めです。

栄養士資格を活かせる場所

栄養士資格を活かせる様々な職場をご紹介しました!いかがでしたか?
就職や転職は自身の生活に直結することなので、しっかり自分の働きたい分野を選びたいですね。
ご自身の理想の栄養士に近づける職場を見つけるヒントになれば幸いです。

The following two tabs change content below.

栄養士くらぶ編集部

栄養士くらぶ編集部です。栄養士、管理栄養士、調理師さんの転職サポートや人材派遣を行うアスカグループが運営しています。栄養士、管理栄養士、調理師さんの皆さん向けに転職・キャリアのノウハウはもちろん、働き方やライフスタイルのちょっとしたアイデアなどもご提供していきます。

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    栄養士くらぶ編集部です。栄養士、管理栄養士、調理師さんの転職サポートや人材派遣を行うアスカグループが運営しています。栄養士、管理栄養士、調理師さんの皆さん向けに転職・キャリアのノウハウはもちろん、働き方やライフスタイルのちょっとしたアイデアなどもご提供していきます。